エクラシャルムの効果的な使い方を暴露!

エクラシャルム,使い方

 

エクラシャルムはニキビ肌に効果的に作用してくれますが、正しい使い方をしないと思うような結果は得られませんよ。ニキビを改善させたいなら、まずは効果的な使い方をしっかりマスターすることからスタートしましょう。

 

使い方の基本

エクラシャルムは、忙しい女性にうれしいオールインジェルです。基本的には、朝は洗顔をしてエクラシャルム、夜なら、クレンジングと洗顔をしてエクラシャルム、という少ないステップでスキンケアは完了です。

 

使い方がシンプルなので、肌に余計な負担をかけることがありません。これもエクラシャルムのメリットなんですよね。

 

特にニキビなどは痒くなってつい掻いてしまうことがありますが、余計な刺激を与えることはいけません。痒くなったら、水で濡らしたりするとムズムズ感がなくなりますよ。

 

効果的な使い方とは

でも、より効果的に使うなら、洗顔から見直してみる必要があります。

 

ニキビといえばついしっかり行いたくなるのが洗顔ですが、やり過ぎは返って皮脂分泌を盛んにしてしまいます。1日1〜2回までに抑えましょう。

 

冬なら、朝の洗顔はやめて化粧水で軽く拭き取るくらいがおすすめですよ。

 

洗顔をする時には、きめ細かで弾力のある泡をしっかり作ってから、肌と手の間に常に泡がある状態で行います。すすぎは、ぬるま湯で10回以上行った後、冷水で10〜20回程度行って洗顔料が残らないようにすることが大切です。

 

そして、終了後にはすぐさまエクラシャルムを付けるようにします。洗顔後の肌はものすごく乾燥しやすいので、うっかりしていると砂漠のようにカラカラの状態になってしまいます。

 

また、乾燥していると皮脂が毛穴の中で詰まってしまうので、ニキビができやすくなってしまうのです。ここは、間髪入れずに付けましょうね。

 

使用量は、少なすぎても多すぎてもいけません。だいたい50円玉くらいが適量といえます。

 

手のひらにとって、両手で軽くなじませてから、ニキビができているところに先に付けていきます。この時、決して擦ったりしないようにしましょう。刺激が加わることでニキビが悪化してしまうことはよくあります。

 

丁寧に付けていったら、最後に手のひらを使って顔全体に付けて、しっかりとなじませます。もしもここでべたつきを感じたら、軽くティッシュオフしておくと良いですよ。または、デコルテや背中など、顔以外にニキビが気になる部分についでに付けてしまうのもおすすめです。